忍者ブログ
enjoy everything!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あのときたとえ行くなって言われてたとしても、たぶん来てた。

いますぐ帰って来いって言われたとしても、たぶんしばらくは帰んない。

自分で決めたことだから、好きでやってることだから、

本当は、わたしはさみしがっちゃいけないんだろうけど。

ほっとかれていることには、ずいぶん慣れたと思う。

そんなものに慣れたくないのだけど。

待っててほしいなんてわたしが言える立場じゃないから

もう解放してあげるべきなのかもしれないな。

夜の思考はあぶないね、特に満月前後。

ただの、甘ったれなのだ。
PR
いったい、わたしの「きらきら感」はどこへ行ってしまったんだろうか。

たとえばそれは、

10年前だったら、ライブ直前の空気とか、武道館練あとのパフェとか、新幹線だったけど、

5年前だったら、パスポートにタイのビザのシールが貼られた日とか、

ウユニ塩湖着いたときの白への吸いこまれ感とかになって、

2年前から、帰ったら温泉入るー!って妄想することになった。

少し前まで、外へ向かっていたきらきら感が、はね返ってきて、今は日本へ向かっている。

外にあこがれて、何も知らなくても、誰もいなくても、いくぜー!って張り切って突進して行けた。

マレーシアに来て4カ月。
仕事も楽しいし、生活もそこまで不満はないのだけど、
その間に唯一感じた「きらきら感」が、年末年始の一時帰国中ばかりだったことに気付いて、
すこしオロオロした。

マラッカへもペナンへも行ったけれど、自分に無理やり「旅行するぞ!」と言い聞かせていても、
なんかどこかいつも気分が乗りきれてない感じで、
どうしちゃったんだろう自分。。。

これを不安だなあ、と思うようになってから、考えつく限りのわくわくすることを空想してみても、
その感覚はよみがえらなくって、夜中に茫然自失してしまった。

なにかが停滞している気がする。

しばらく浮かんでいようか、無理やり行動するべきか・・・・

ふがいない。
未来は僕らの手の中 だと思っていたころ、
マヤ文明で2012年に世界が終ると言っている、とかいう説を
真剣に信じた時期があったのだけど、満更でもなかったか。

これからもっとひどいことが起こるかもしれない。
本当に現実はフィクションを超える残酷さを孕んでいる。
人間っておそろしい。
でもそれでも人は愛し愛されて生きる。
自分の大切な人を一生懸命大事に思って生きておかないと。

さいごに後悔したくない。

ステイ先の親子の会話。
子:「つなみってなに。」
母:「海のおばけだよ。」
子:「おおきい?」
母:「ちょーでかいよ。家も車も流されるんだよ。こわいんだよ。」
しばし、目をまん丸にして絶句。
子:「あいこ、はやく!たらいの中に隠れよう!」
 
たらい・・・。一寸法師的な・・・?
 
あいにく信仰心など持ち合わせていないわたしだけれど
わたしのまわりの、神様を信じている人たちは、
彼にしか日本は救えないと言って、毎日祈ってくれています。
わたしはそんな人たちをリスペクトします。
絶対的に信じるものがある人ってのは強い。

ラスト95日。

手に入れたいのはハッピーエンドじゃない。
鍛え抜かれたハッピーマインドだ。(幸田実果子)

もりもり鍛えられてます。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
aiko
性別:
女性
職業:
ひよっこ日本語教師
自己紹介:
2004-200703@osaka
200703-10@chiangmai, thailand
200710-200906@shizuoka, osaka, etc.
200906-201106@pohnpei, micronesia
201110-@Malaysia
最新コメント
[05/09 yuki]
[04/11 ちあき]
[01/31 ちあき]
最新記事
忍者ブログ [PR]