忍者ブログ
enjoy everything!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤップ行ってきました。
これで、ミクロネシア4州全制覇。

毎日やんちゃな高校生に振り回されて
この国の日本語教育って一体なに、と真剣に考えて
自分、ちゃんと成長してるんかな、って不安になって

遠いけどまったく同じ、そんな気持ちを共有してる、
日本語教師のともだちに会いに。

お互いまわりにいろいろ話せる日本人の友達がいたり、
日本語教師の仲間は世界中にいるけど、
でもやっぱり、同じ国で、同じ高校で、同じ女の子だから、
会って話すと、とっても通じ合える気がします。

ヤップは4州の中でいちばん観光が開発されている気がしました。
ヤップからポンペイに来る人はいつも「ポンペイはいいな~」
って言うけど、いやいや、ヤップいいよ!!

旅行と住むのとではまた違うと思うけども。

R7162102.jpg
ヤップへのアクセスは極悪です。深夜1時着、早朝4時発。まっくらな空港しか見られません。

R7162103.jpg
ヤップ高校の日本語クラスを見学させてもらいました。
なぜか授業中柔道着を着ている生徒が!
少人数だし、教室の備品も新しくてきれいでうらやましい・・・
生徒も臆せず英語をしゃべる。生徒同士でもしゃべる。
ポンペイでは私立の学校に行ってたか、
アメリカ帰りとか以外の生徒は、ほんとに英語しゃべるのはずかしがります。
なによりも、アドミニストレーションがしっかりしているヤップ高校。
コピーもまともにやってくれないうちの高校とは大違いです。
島民性かなー、ヤップ人のほうがまじめに働きますね。
ヤップ高校の文化祭も見ることができて、これまたラッキーでした。

R7162125.jpg
4月~5月はランドクラブという蟹のシーズンらしい。
満月の夜、産卵のために海へ向かう蟹さんたちがうじゃうじゃと道路を埋め尽くす。
それをひょひょいとハンティング!!
蟹ハンターズの車がいっぱい、当然ぐしゃっとやられてる蟹もいっぱい。
そんなにとっても食べられないのに、目の前に獲物が動くとついつい血が騒いでしまうという。
なんだかわからないけど蟹の多さに爆笑して、「野性の本能」を感じた夜でした。

次の日みんなで煮て食べたけど、けっこうおいしかったです。
(グルメな発言だけど、ポンペイにいると普段から
超絶品のマングローブ蟹に慣れてしまっている・・・。
ちなみにヤシの木に住んでるヤシ蟹というのもおいしいです。)

R7162158.jpg
ヤップは村に入るのにその村の人の許可が必要です。
許可をもらってストーンパスという石畳の道を散策。
ものすごく暑い日だったけど、ストーンパスは日陰ですずしくて、
脇に民家があるけど、とてもとても静か。
ちょっと京都あたりのお寺を連想してしまう、和風の雰囲気。

ヤップの人であるという証明になるヤップバック(かごバック)を持っていない人は、
道の入り口で葉っぱを持ちます。
通行許可証みたいなもの。

P4210334.jpg
MANTA RAY BAY HOTEL
左の白い建物がホテル。プールもスパもある!
この船はレストランです。
ミクロネシアで唯一!生ビールがあって、ごはんもおいしかった~
ポンペイでマンタは見慣れているけど、ダイビング行ってで間近で見ておろおろしました。
このホテルについてるダイビングショップはヨーロッパのお客さんがメインらしいけど、
潜った後に船で出してくれる温かいお茶とバナナケーキのサービスがうれしい!
ダイビング2本のあとスパ、しかもTさんの口利きで破格のローカルプライスでできて大満足でした!

P4230337.jpg
最終日はマープの海へ。
海辺のレストランMOONRIZE?はノニティーが$3で飲み放題。
遠浅の浜をずーっと歩いてシュノーケリングに。

P4230349.jpg
さかないすぎー

と興奮して写真取りまくって、帰りに友達にみせながらすっかり潮が引いた浅瀬を歩いていたら
なんとカメラを落としてしまった!
黒いカメラなので、泥の中で見つけるのはもう不可能としか考えられないと、
あきらめかけたとき、酔っ払いのおっさんが近寄ってきて、
あっさり見つけてくれた!!!
ミラクルおきた。
その日のふたご座O型の運勢はきっと最高だったに違いない。
ありがとうミラクルおっさん。

最後にグアムの夜景。ちっさいか。
R7162100.jpg

たまたま、ホストファザーのグアム出張とわたしの旅行の日程がかぶっていて
グアムで鬼の13時間トランジットも一緒に街に出てヒマつぶすことができてラッキーでした。
父ちゃんの出張に便乗して、うちの6歳双子と14歳兄貴もついてきていて、
ポンペイ土産(魚とか蟹とか)をグアム在住の親戚に配り回るのについていきました。
ちなみにグアムからポンペイへのお土産の定番は、マクドナルドと、ウィンチェルズのドーナッツ。
クーラーボックスと段ボールをいくつもいっぱいにして、預け荷物に超過料金払って持って帰る執念。

ポンペイには信号機や複数の車線やエレベーターがないので、6歳のちびっこ双子が大興奮でした。
赤信号で止まった車内(レンタカー)で、
「父ちゃん、何待ってるの?ゴー!ゴー!」
には一同大爆笑でした。

そして帰りの飛行機でグアムの搭乗口にいってみると、
日本に一時帰国中だったチュークの同期に偶然遭遇!

なんだかいろいろミラクルな感じの旅でした。

まだまだ、伝統文化とかメンズハウスとか、石貨とか、
ラバラバとかトップレスの女性とか
ヤップの魅力は語りきれないほどあるのですが。

ありがとうヤップのみなさん。
yappest達成しました。

旅は楽しいけど、でもポンペイに帰ってくると、めっちゃ落ち着く。
いつのまにか、ここがマイホーム。
PR
日本は忙しい国です。ほんとうに。
そして暑すぎる。

いちにちに、ひとつ予定があればわりと忙しいと思うポンペイのあたしが、
いちにちに、ふたつもみっつも予定をこなさなければならない日本での毎日は、脳みそがパンクしそうでした。

あぁ、日本人的にはダメになってる…と実感しました。

効率のいい動き方とか、考えられないのね。
時間配分とか、さっぱりなのよね。

ま、でも3週間もいれば、大丈夫になるけどね。

忙しい中会ってくれたみなさん本当にありがとう。
元気もらえました。
ラクロス同期とか、集まりが良すぎておみやげたりなかったよ!笑

とんでもない額のお金を遣いました。
とりあえず何食べてもおいしかった。
とにかく何見てもほしくなった。
目に入ってくる情報が多すぎて、体が情報処理に追われてびっくり。

だってポンペイのスーパーこれ。


日本のスーパーこれ!!!!

これは事件よね。エキサイトよね。



勢いあまって北海道まで行っちゃいました。
 

空弁までおいしい。












静岡出身なんで。


大阪の友達の家にはやっぱり。


10歳のおじさん白髪あり。


まいにち食べたい こんなご飯。


すっごい太って動きにくいです。
体がおもーい。のそのそしてます。
でもしあわせ。。。。すべてがおいしい。。。

う~パスポートがなくなればいいのに~!!

あと11か月!

がんばってきます!

みんなも遊びにおいでよポンペイ!

シュノーケリングでマンタに会えますよ~



何度も何度も形を変えて
深く鈍く衝撃的に
無知を自覚する。

ぼやっとしていた知識が輪郭を持っていく。

そこに行って自分の五感が触れた経験というものが
写真や映像なんかと比べ物にならないほど
生々しくて確実な感触を持って自分の中に刻まれる。

語学教育と政治の関係性。
黒い部分。
ODAで生活する自分の立場。
自分本位じゃなくて、また違った角度から日本語教育を捉える。
オトナの意見とは一体何か。


IMG_3659.jpg


























習いたての言葉で通じあう喜びを感じられた相手になるという誇り。

言葉は人と人とが通じあうひとつの道具にすぎない。
必ずしも必要じゃない。
同じ空間にいるからこそ、伝わること。
目の奥を読んで、表情を見て、体温を感じるからこそ、伝わること。
それだけでいいときがほとんどなのかもしれないな。

全身を耳にして私の発する言葉を一言も聞きもらすまいとしている
彼らの視線を一身に浴びたとき
ぐんと一歩前に踏み込んで
パフォーマーになることができた感覚。
緑色の丸いシール。

日本語教師をしていていちばんうれしいことは

出会い

相手を知るたびに相手の背景にある国について知る。
自分や日本についてまた発見することができる。

毎日が発見の連続なのだ。

それを楽しむ姿勢を持ち合わせる人はいつだって輝いている。
等身大で、自然体で。


「人間力」=

「なんでも食べられること」

「どこでも寝られること」

「誰とでもコミュニケーションできること」

「現場状況を察知し臨機応変に行動できること」

(copyright :H川先生)


711a50b8.JPG

























またいつか世界のどこかで!

そんな挨拶ができる仲間にたくさん出会えたこと。

あたしのかけがえのない財産。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
aiko
性別:
女性
職業:
ひよっこ日本語教師
自己紹介:
2004-200703@osaka
200703-10@chiangmai, thailand
200710-200906@shizuoka, osaka, etc.
200906-201106@pohnpei, micronesia
201110-@Malaysia
最新コメント
[05/09 yuki]
[04/11 ちあき]
[01/31 ちあき]
最新記事
忍者ブログ [PR]